食にまつわる資格|料理を美味しく見せるフードコーディネーターを目指そう

料理を美味しく見せるフードコーディネーターを目指そう

婦人たち

食にまつわる資格

ウーマン

若者から社会人向けまで

調理師に求められるモノは技術で、首都圏を中心に、世界各国の料理が食べられる飲食店が建ち並び、食に関する好奇心が旺盛な人が専門学校で教育を受けています。調理に関連する資格も実に様々で、実務経験を必要とするものも多いですが、将来のために取得することに損のないものばかりです。例えば、専門調理師や技能士は人気です。西洋料理や和食ブームの昨今では、免許必須となるふぐ調理などの日本料理など、社会的にも高く評価されています。職域が広がるモノには、パンや菓子製造技能士も人気で、調理人の中でもパン職人は比較的なりやすく、技術を身に付けて開業する人は増えています。個人の洋菓子店や料理教室、レストランなどで活躍でき、なおかつ趣味の範囲で学ぶことができるのも人気を集めている理由です。

相性からのW資格

食事に大きな原因がある現代病の問題も近年クローズアップされ、調理師や栄養士など、食に携わる仕事に就きたい人も増加傾向です。美味しく調理することで人を幸せに導くことも、逆に健康を害してしまうこともある食べるということに着目した仕事も、バラエティに富んでいます。若者からは横文字職業としてソムリエやバリスタなど、ワインやカフェブームのあおりを受けた資格も評判です。必須知識や公衆衛生、テイスティングやサービス実技などが試験として行われます。また将来、レストランやバーなどで働きたい場合、フードアドバイザーなる資格も魅力です。例えば、ワインとの相性の良いチーズアドバイザーは、西洋料理を志す場合、有利に働きます。種類別の特徴や名前、ワインとの相性なども問われ、調理法を模索することもあり、Wで取得する社会人も増えています。