料理を美味しく見せるフードコーディネーターを目指そう

レディ

料理の分野に進む場合

男女

辻調理師専門学校は一般的に知名度が高い学校です。辻調理師専門学校では調理師免許を取得でき、就職率が高い点が評価されています。また学校のホームページにはカリキュラムや就職先などが掲載されているため、入学前に確認しておくといいでしょう。

この記事を読む

食の仕事に関係する資格

レディたち

食のスペシャリスト

食に関係する仕事の中に、フードコーディネーターがあります。フードコーディネーターが行う仕事内容として、飲食店のメニューを開発したり、レストランをプロデュース、コンサルティングなどがあります。また、販促やメディアにおいて、調理、盛り付けを行ったり、料理を美味しく見せるための演出を行ったりする仕事もあります。その他、料理教室を運営するということもあります。食をテーマにトータルプロデュースする専門家ですが、仕事の幅はとても広く、自分の得意な食の分野でフードコーディネーターとして働くことができるともいえます。食は人間が生きていく上で欠かせないものであるため、今後も需要の高い職業となっていくと考えられます。

資格を取得するには

フードコーディネーターの資格は、日本では唯一、日本フードコーディネーター協会が認定している資格ひとつだけです。1級から3級の試験があり、3級は入門レベル、2級はフードコーディネーターのアシスタントレベル、1級はフード業界で活躍できるレベルとされています。3級を受験する条件は、中学校卒業以上ということだけです。2級の受験は3級資格認定登録者、1級の受験は2級資格認定登録者に限ります。資格内容の学習には、認定校や通信講座で学ぶことができます。注意したいのは、フードコーディネーターになるのに、必ずしも資格は必要ではない、ということです。ただ、フードコーディネーターの資格はひとつしか存在しないため、現場で活躍するためにこの資格を取得する人も多いです。フードコーディネーターに関する知識を保有していることがわかり説得力もあるといえます。

食にまつわる資格

ウーマン

近年、調理師養成施設での学びだけではなく、趣味の範囲での調理や料理の講座での学びも展開されています。技術に加え、料理を作る真心を育てることに重点が置かれていたり、修行で技術や知識を習得するケースも増えています。様々な食に関する資格も増え、学生から社会人にまで人気を集めています。

この記事を読む

将来を考えるならば

パン

パンは今や、日本の家庭には欠かせない食材となっています。パン職人を目指したいと考える人も多く、そう言った人を支える専門学校も多くなってきました。基礎をしっかり学び、パン作りの現場で活躍するためにも、希望にあった学校を選びたいものです。

この記事を読む